background movie
HOME プロフィール

チェルシー・アミ

Author:チェルシー・アミ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック
月別アーカイブ カテゴリー

焼きたてくっきぃ

おばちゃん 本音でぼやきます。
2007年10月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いなりずし



「味付きいなりの皮」を使って いなりずし。
コンビニが出来立てのころ、「真夜中にいなりずしが食べたくなっても 食べられます!」っていうようなキャッチコピーがありました。今じゃ あたりまえのこと 本当にちょっと前までは あたりまえじゃなかったと あらためて いちいち確認します。
「真夜中」はもちろん いなりずしを食べようと思ったら、まず「すし用油揚げ」を買うところから始めるか 鮨屋に行くしかなかった・・・ですよね。
自分で油揚げを煮るのは けっこうたいへん。本を見て いろいろやってみたけれど まだらに味がついてしまいました。よくよく油抜きしても たっぷりの出しで味付けをしても いまいちうまくできません。かんぴょうもそう。この2つが「味付き」で売っているのを見るたびに「うれしいなぁ」と思うのですね。
きつねうどんもいなりずしも いつでも好きなだけ食べられる。
しばらく食べ続けることになりそうな おでんのおともに、 今日はいなりずし
スポンサーサイト

おでん



好きなものばっかりのおでん。2日煮込んだので おいしかったです。
アミは大阪育ちの関西人。いまは横浜に住んでいます。30年も前、初めて湘南の海の家で食べたおでんに入っていたもの  それが「ちくわぶ」。いやぁ おどろいたのなんのって。これは食べたことも見たこともありませんでした。じゃがいもだと思って食べようとしたら なんかグネッとしてヌルッとして すぐ「なんか変なものが入ってる!不良品だ!」と思いましたね。
それが今じゃ おでんになくてはならない具になっています。
でも だからといってコンビニでおでんを選ぶときにこれはちょっと ちがうかなぁ。っていうか コンビニでおでんを決められず、買ったことがありません。どの具も大切で(でました!大袈裟)決められない。おうちでおでん好きなものを好きなだけ

ポテトサラダ



大好きなポテトサラダを作りました。 やっぱりおいしい。 今回はふじこさんレシピの玉ねぎのマリネも加えたので いっそう大人の味になりました。 晩御飯にも 朝ごはんにも大活躍。 昼のサンドウィッチにも使います。 
 じゃがいもと人参を多めに煮てあります。残りは またポテトサラダになるかもしれないし、チーズとマヨネーズをのせてオーブントースターで焼く「ポテトグラタン」になるかもしれない。どちらも大好物。こういう素材が冷蔵庫に入っているときは 気持ちに余裕ができます。
 単純な わ・た・し

今年の初なべ



いよいよ鍋の季節です。主婦にうれしい季節です。簡単・豪華・野菜たっぷり。
ちょっと風邪っぽかったので 「キムチ鍋の素」を買い、もやし・にら・キャベツ・えのき・豆腐に豚肉、冷凍庫に海老がのこっていたのでえびも入れて とっても豪華我ながら「いかにも風邪がなおりそう鍋」です。
最後のポイント にんにくをごろごろっといれました。にんにくはやわらかくできていて、おいしかったです。
「なべの素」 ほんとうにたくさんの種類があって すごい。どれも手軽で おいしい。ずいぶん前に「素ママ」という言葉を聞きました。料理を「^~~の素」」をつかってする主婦のことをいうんだと。でも今じゃ「~~の素」を使って料理するのはあたりまえになっています。私だけ?
「素様 お世話になります

伝えるもの

由香10.24

一人暮らしをしている娘が お友達とのパーティに「てまりずし」をつくって その写真を送ってくれました。手に入る材料で上手に工夫してつくったなぁと 感心する親ばかです。
 アミには娘が二人いて とっくに成人しています。子育てはへたくそで 娘たちには苦労をかけました。でも 「親が頼りないと子供はなんとか自力でがんばる」というアミの主張は結構正しいんじゃないかと・・・・アミの母親はしっかりものです。アミがぼーーーーっと座っていても 事態はどんどん進んでいったような気がします。そんなわけで アミはいまいち頼りない。
 娘たちに根気よくなにかを伝えたことがないかなぁと最近思うのです。料理もあまり一緒にしたことがありません。ぼんやり(あいかわらずぼんやり!)考えていましたが 世の中も変化してくるし ま これから一緒にいろんなこと楽しめたらいいかな

持ち寄りパーティー



昨日お友達の結婚祝いに 持ち寄りパーティーがありました。
「結婚 おめでとう!」

アミは 鶏肉の酒蒸し を持って行きました。
とりもも肉に塩(アミは クレイジーソルトというハーブ入り岩塩を使っています)をして お皿に並べ、料理酒をもも肉1枚につき50ccぐらいかけます。圧力なべで蒸します。蒸し器でも電子レンジでもできますが、圧力なべでつくると 本当にやわらかく、歯にやさしい!鶏肉といっしょに さつまいもも蒸しました。どちらもアミの大好物。冷蔵庫で冷やして チキンのゼリーも一緒に盛り付けました。

みなさん料理上手で いろいろな料理が並びました。
持ち寄りはほかの人の家庭料理をいろいろ味わえる とっても楽しいチャンスです。
何を作ろうかなぁと考える時間も楽しい。
また やりたいなぁ

けいとう



 秋らしいさわやかな朝です。ケイトウの花がきれいに咲いています。我が家のベランダです。
子供のころ ケイトウはどこにでも咲いていたような気がします。ケイトウとかカンナとか 特別ではない花が 最近またとてもなつかしく思えます。
 プリンスメロンを初めて食べたとき 「こんなにおいしいものがあるんだ!」と感動したことを覚えています。「メロン」という響きの なんとうるわしいこと(ちょっと おおげさ?でもホントそういうかんじでした)。やわらかくて 甘くて 夢のようでした。 いまは「メロン」とつくものがたくさんあって 夢の続きにずっといることができて ありがたい。 でも最近「まくわうり」がまた復活していて そのやさしい甘さ・・・昔のよりはずっと甘いのかもしれませんが・・・にうれしくなります。
 写真のケイトウ、昨年咲いた花の種が落ちて また芽が出て咲いたものです。この春 我が家は引っ越しをしたのですが そのときどれかの鉢に混じってしっかりついてきたらしいのです。植えた覚えがないのに 芽が出て花が咲いて 楽しませてくれています。気持のよい一日の始まりです。 

煮物大好きです

ブログの写真

自分の晩御飯を写真に撮っておくというのは 楽しいことだということに気づきました。
幼稚園のお弁当の素晴らしい作品とかあるそうですが テレビでしかまだ見たことがありません。でも どうってことない晩御飯でもこうやって写真にとってブログに載せると楽しいのだから 力作ならぜひ撮っておきたい・残しておきたい・見てもらいたいって考えるのは当然だなとあらためて思います。
 この日のメインは がんもどきの炊き合わせと さわらの味噌漬けです。
がんもどきは煮物にすると味がしみて 本当においしいです。この日はタケノコと人参・こんにゃくといっしょに煮ました。あと いなりずしを作ったときに余った味付きの油揚げも入れました。
さわらの味噌漬けは 味噌とみりんを大さじ2ずつで混ぜ合わせた甘味噌にさわら2切れをつけて(塗るかんじ) ひとばん置いておきます。もともと味噌が少しなので そのままグリルで焼きます。魚はあまり好きではないのですが、これからは進んで食べていこうと思っているので レパートリーを増やしたい(好みの味で!)です。


めげないぞ!



たとえ写真が消えても(ぅぅぅ・・・あんなに苦労したのに・・・・)めげないぞ!
気を取り直して 出発!チャッピさんのユリもこっちの写真のほうがいいし。本当にきれいでした。すべてのつぼみが咲きました。毎日 けなげで かわいくて もったいなくて写真におさめました。
今日のふじこさんレシピは うなぎのおにぎりです。
材料(20個分)
もち米  5合
うなぎのかば焼き 長い物1尾
枝豆 またはグリンピース
韓国のり  40枚

① もち米は同量より多少少なめの水で炊く。
② 枝豆は塩ゆでして さやから出す。
③ うなぎは20等分して たれをかけて 電子レンジで温める。
④ もち米が炊けたら 豆をまぜて、大きな皿かバット等に広げて20等分する。
⑤ ラップの上に1個分のごはんを広げ、うなぎをのせて俵型ににぎる。
  ラップの端から巻くようにして形を整えると簡単に俵型になる。
  ラップを開けて おにぎりがさめてから のりをまく。

先に20等分するのですね。アミはアバウトな人間なのでとにかくにぎりはじめるタイプ。
おむすびに限らず、ハンバーグとかぎょうざとか とにかく丸めたり詰めたりするので 7個とか11個とか ちょっと変わった数(数に変わったもなにもないかもしれませんが)や 最後が小さくなったりとか 皮が余ったり 具が余ったりします。でもどれも気にならないのでずっとそうやってきました。たぶん これからもそうやって生きて行くんだろうなぁ(大袈裟?)

和菓子の手作り



黒砂糖の寒天です。
スティックの粉寒天の箱に書いてある分量で作りました。

寒天パウダー1本(4g)
水      500ml
黒砂糖    60g

① 鍋に水と寒天パウダー1本8(4g)の中身を入れます。
② 火にかけ、かき混ぜながら 煮溶かします。沸騰したら吹きこぼれない程度の火にして1~2分間沸騰を続けます。
③ 黒砂糖を加えて煮溶かし、火からおろし、型に流し固めます。

よく冷やせば これだけでとっても上品なデザートです。
市販のお菓子についてくる黒蜜があまったりしたとき 寒天で固めると立派な一品に生まれ変わります。
今回は黄桃の缶詰とアイスクリームと梅の甘煮を乗せました。
梅の甘煮 なんどかふじこさんに習ったのですが「つくってもらうほうがいいな」と結局つくれないままです。今度こそ しっかり覚えるからもう一度教えてください。
和菓子の手作りって すごく優雅な気がして 大好きです。

ちらし寿司



ちらし寿司を作りました。
今まで「ちらし寿司」といえば「五目ちらし」でした。甘く煮た具材を混ぜ込む家庭料理のお寿司です。
でも これだとご飯を食べすぎてしまうので ダイエットには向きません。
アミは「食べること命」だったので こそこそダイエットは繰り返していましたが 成功するはずもなく、リバウンドの嵐に見舞われていました。そんなとき ふじこさんがダイエットに大成功し「あなたもこのままじゃまずいからちゃんと体重はかりなさい!」とアミに言ってくれました。
もちろん 最初は「ええええーー、無理!」と思いましたが、なぜかふじこさんには逆らえないアミ。翌日 体重計を買いに行き、計ってみてびっくり。(体つきからすれば あたりまえの体重なのですが 数字でみるとやっぱりこたえるものです。)
それから少しづつ 努力しています。本当にすこしづつ。
おかげで 良い方向に向き始め 健康です。
「ちらし寿司」もすし飯は少しで 具をたくさん並べました。今日のポイントはエビ。ふじこさんレシピで茹でました。高野豆腐・玉子焼き・アボガド・りんご・生ハム・チーズ・きゅうり・にんじん(たまねぎのマリネとおなじ要領でつけたらとってもおいしくできました。)などなど。
つけあわせは「さつまいもの甘煮」。
しっかり食べて ウェイトコントロールもしたい。しかも 楽しくないと意味ない。
欲張っても楽しいのは お友達がいるから ですね!

10月16日の3

いきなりユリの写真だけ いってしまいました。
チャッピさんのユリ、ふじこさんのレシピ 残したいものができて しかもよくばって誰かに伝えたいと思って ブログを始めました。
今日も元気だ!パソコンには負けないぞーーーー。
でも ちょっと大変・・・

ユリがいた日

この前 お友達のチャッピさんが遊びにきてくれました。
たくさんのユリのお花を持ってきてくれました。
あんまりきれいで いつもは写真なんか撮らないのですが
日々けな気に開いていくつぼみたちに うれしくて写真撮りました。

一歩ずつ

10月16日の2

違う写真を呼び出したかったんだけど 「パソコンで遊ぶ」まで一歩ずつです。
これは 大根と豚肉の煮物
大根適当・豚肉適当・だし汁適当・塩・酒・醤油
① 大根を切る。
② だし汁を沸騰させ 塩・酒・醤油で味付けをする。
③ ②に大根と豚肉を入れる。大根がやわらかく煮えたらできあがり。
ふじこさんポイント 沸騰して味の付いているだし汁に大根を入れる。面倒な下ゆでをしなくても大根がとっても美味しく出来上がります。
今回はふじこさんにもらったみそをトッピング。このみそがすぐれものでした。いつかレシピを教えてもらいます。今までアミは味見専門の弟子だったもんで いまいちレシピを取っていません。パソコンもレシピも一歩ずつです。

写真に挑戦

10月15日

朝から大騒ぎで 写真に挑戦です。
昨夜のご飯。
牛肉と玉ねぎの生姜煮・きんぴらごぼう・玉ねぎのマリネ入りサラダ
ふじこさんレシピを使って 彩りよい献立になりました!大満足

今日はトマトレシピ。

トマトのカプレーゼ(カプリ風)

トマト・チーズ・バジル
塩・こしょう・オリーブオイル

トマト・モッツァレラチーズを切って(好きなように切ればいいらしい)
塩・こしょう・バージンオリーブオイルをふって バジルをあしらいます。
赤・白・緑できれいです。(目に浮かぶね、美しさが!)

モッツァレラチーズでもカマンベールチーズ(こりゃ豪勢だ)でもいいみたい。
調味料の分量はアミの舌にかかっています。
ふじこさんはいろんなこと知っています。
カプレーゼがカプリ風って知らなかったな。
トマトの「カプレーゼ」ってトマトが「カップに入っている」のかなぁ・・・ぐらいな想像。
ひとつ賢くなりました。

トマトのふじこさん風
トマト・玉ねぎ・バジル(大葉でもパセリでもOK)

トマをトを薄い輪切りにして皿に並べ、さとうをひとつまみパラパラとかける。
玉ねぎのマリネ(昨日つくったね!)を中央にのせ バジル、大葉等の細切りを飾り、和風ドレッシングをかける。(マリネがなければ玉ねぎのみじん切りで)

和風ドレッシングは今たくさん市販されててうれしいです。アミは「味付きポン酢」が好き。
じゃ 今日も「ちょっと素敵!」に挑戦だ!

きんぴらごぼう

大好きな常備菜 ベスト3の発表です!

第1位  きんぴらごぼう
第2位  ポテトサラダ
第3位  ・・・・・

レパートリーが少ない。なるほど 献立が貧弱なわけだ。
作るときは 頑張りますが、「毎日」となると続かない。
あと(これが大きな原因なのですが)好き嫌いが激しい。(食べ物だけじゃないんですけどね)
きんぴらごぼうとポテトサラダがあれば 大満足。
というわけで 今日はきんぴらごぼうを作りました。ごぼうとにんじんで。ごろっと大きい人参
食べられません。アミの人参料理は千切りかすりおろし。ふじこさんに「まったくぅ」とあきれられながら 小さく切ってもらったり 抜いてもらったりしてます。へへへ

でもこんなマリネがあれば サラダも簡単おしゃれに変身ですね。
これも作っておこう!

たまねぎのマリネ

たまねぎ  1個
塩      小さじ1
さとう    大さじ1
酢      大さじ1

たまねぎを薄切りにして調味料を混ぜ合わせる。

おっ 簡単じゃないの!
空きビン等に入れ 冷蔵庫に入れておけば1週間ぐらいもつそうです。
そういえば ふじこさんちには手作りの瓶詰いっぱいあるなぁ。

ふじこさんのサラダは
きゅうり・生の細切りかぼちゃ(ふーーん 生でOKなんだ)・カモのスモーク・たまねぎのマリネ 粒マスタード・オリーブオイルでできあがり。

ふじこさんのレシピ 仕上げはお好みで!
これが弟子の修行どころです。

昼は焼きそば

日曜日の昼ごはんは 焼きそば。もやしがたくさん入っているとうれしい。

料理上手なお友達ふじこさんは いろんなサイドメニューを持っています。特別のもあるしアミでもわかるのもある。ただ 当然のようにサイドメニューがついているのですね。アミの焼きそばみたいに「超ボリュームやきそば」だけっていうことはない。今じゃあまり聞かない「常備菜」が冷蔵庫に入っていて ぱぱっと素敵なサラダが出てきます。ふじこさんに御馳走になった後はアミも頑張るんだけど、すぐ「1品のみ」に戻ってしまいます。
 世の中にあんなに料理があり 料理の情報もたくさんあるのに なぜアミの料理はワンパターン?もっと気軽に料理を楽しむ原動力はアミにとっては「ふじこさん」だ!と気づいたわけです。ふじこさんレシピで 料理を楽しみたい、暮らしも楽しみたいとこのブログに挑戦しています。大袈裟ですが「挑戦」です。
 
 はじめてのレシピは下線文海老・オクラ。長いものあえもの
<材料>
 海老   1パック
 おくら  1袋
 長いも  15~20cm
 紅花   少々

① 海老はカラをむき 背ワタをとり 塩小さじ1・片栗粉でもみ洗いする。
  水で洗い、クセの強いにおいを取る。
② 小鍋に水カップ1・塩小さじ1・酒(薬用酒・日本酒・ワイン等)大さじ1~2を入れて
  煮立ったら海老を入れ、八分通り火が通ったら火を消して、海老をゆで汁につけておく。
③ おくらはヘタを切り、塩ゆでする。
④ 長いもは皮をむき、拍子木に切り、ラップをして5~6分電子レンジにかける。
⑤ 海老・おくら・長いもを海老のゆで汁であえ、味をみて塩または醤油を加える。
⑥ 小鉢にこんもりと盛り、上から紅花を散らす。

まだ 写真の入れ方がわからないので文章だけですが いつか写真が入れられるよう頑張ります!

焼きたてくっきぃ

やっとここまでたどり着けました。「簡単」はちっとも「簡単」じゃない。でもたどり着けて「記事」を書いています。この感激!とりあえずの目標は「パソコンで遊ぶ」。今は「パソコンに遊ばれてる」。さぁ 出発だ
THEME:ブログはじめました! | GENRE:日記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。