background movie
HOME プロフィール

チェルシー・アミ

Author:チェルシー・アミ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック
月別アーカイブ カテゴリー

焼きたてくっきぃ

おばちゃん 本音でぼやきます。
2007年12月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下仁田ねぎ

下仁田ネギが 手に入りました。
アミは 下仁田ネギは あまりよく知りません。
「ブランドねぎ」だと思っています。
一回テレビで見て 買いにいったら高かったので
「へぇぇ ブランドねぎなんだぁ」と思ったのです。
アミは 関西人ですから ねぎは 青いのが普通でした。
うどん屋さんに行けば テーブルにどーーーんと刻んだねぎが置いてあり
好きなだけかけて食べるものでした。
九条ネギという品種だということは ずいぶんあとで知りました。
だいたい ネギにいろいろ品種があるなんて 知らなかったです。
さてさて 今回 下仁田ネギが手に入ったので
早速 クックパットで検索。
ほほぅ これはアミの思う料理には 合わないかも・・・
12301.jpg

最初は豚肉とねぎの鍋にする予定でした。
でも 急きょ変更。
ネギを豚肉で巻いてコンソメで煮込みました。
塩・胡椒で味付けし 仕上げに生クリームをかけていただきました。
とろとろに溶けたネギ。
はじめての食感です。
香りもとってもいい。
たっぷりのねぎで 汗がでるほどでした。

次回はじゃがいもといっしょに スープにしてみようと思っています。

今年もあと一日。
もたもた始めたブログですが
とっても楽しかったです。
来年もまた よろしく
みなさま どうぞ よいお年をお迎えください。
   アミ
スポンサーサイト

鶏の肉団子

和風鶏の肉団子。
アミのおせちの定番です。
久しぶりに作るので お正月に備えて予行演習です。
この 肉団子 大好きなのですが
団子にするひと手間が面倒で しばらく作っていませんでした。
もも肉は 大きいまま煮たり 焼いたりするだけで
またそれはそれで とっても美味しいので
いざ 料理となると ついついそちらのほうに なってしまします。
今回は 頑張って 団子にしました。
もも肉をフードプロセッサーで挽肉にします。
人参・ねぎもフードプロセッサーにかけて 細かくします。
肉と野菜をまぜ、塩・酒・醤油をいれてよく混ぜます。
片栗粉をくわえ さらによく混ぜます。
好みの大きさの団子をつくります。
以前は 揚げていましたが、 今回は 焼きました。
蒸してもヘルシーです。
焦げ目がついたら 酒を加えて酒蒸しふうに。
中まで火が通ったら いったん取り出します。
フライパンに酒・みりん・醤油のたれをつくり
煮立ったら 団子を入れ さっと絡め
仕上げに 片栗粉の水どきを入れてとろみをつけます。
12271.jpg

ちょっと大ぶり。
おせちのときは 小さくつくるのが楽しみです。
きゅうりやチーズといっしょに爪楊枝にさして盛りつけたりします。
今回もうひと頑張りしたのは「きんぴらごぼう」。
何を頑張ったかというと ささがき。
アミの母は きんぴらごぼうはいつもささがきで作っていました。
関西風と聞いたことがありますが
本当のことは知りません。
関東にきて ごぼうの千切りの「きんぴらごぼう」を見た時は
驚きました。
アミは ささがきが下手なので
千切りで作るきんぴらごぼうは 実はありがたい。
でも 好きなのは ささがきのきんぴらごぼう。
今回は頑張りました。
12272.jpg

ちょっとごついささがきですが 満足です。
人参は 千切りです。
母のきんぴらには 人参もちくわも入っていなかったので
切り方にこだわりは ありません。
きんぴらの具は 何でもいいのに
なんで ごぼうの切り方だけこんなにこだわるのか
不思議ですねぇ 

メリークリスマス

今日は クリスマスイブです。
とってもいいお天気です。
アミは クリスチャンなので 今日は大切な日です。
もちろん 大切じゃない日なんて 一日もないんですけど
今日は特別大切な日です。
夜は イブ礼拝に出かけます。
なので クリスマス風の家族パーティーを 昨夜しました。
12246.jpg

ダンナさんのリクエストのローストビーフ。
これは 買ってきました。
でも マッシュポテトは自作。
このところ 外食で何度かマッシュポテトを食べる機会があり
おいしいなぁと思っていました。
ポテトサラダは作っても マッシュポテトはメニューとしては考えたことがありませんでした。
最近覚えた「クックパッド」という料理のサイトから
いろんなマッシュポテトを見て
今回アミ好みに作りました。
ゆでてつぶしたじゃがいもに マーガリン・生クリーム・塩・こしょう・粉チーズを
入れてみました。美味しかったですよ。
12245.jpg

サラダは「コブサラダ」。
アメリカのどこかのホテルのまかない料理だったのが
すっかり有名になったもの だそうです。
これも ちらっと聞いたことはあったのですが
先日いったお店でいただいたら おいしかったので アミ風に。
アボカドとゆで卵・チキンを入れて あとはそろった材料で。
オリーブやベーコンも入っていておいしかったのですが
我が家では いまいち 揃えきらなかったですね。
12244.jpg

メインは「ブイヤベース」。
アミはブイヤベースは食べたことがありません。
魚介の煮込みなんて もっとも苦手とするところです。
一度 ふじこさんに教わって「ブイヤベースの素」を買って
挑戦したことがあるのですが それがどうだったのか 記憶にありません。
今回 新聞に作り方がのっていたのです。
それには 貝が使われていなくて ちょっと心が動きました。
あの「ムール貝」をみると どうも 引いてしまうのです。
やってみようかな・・と思って材料を買いそろえました。
でも新聞にのっていた材料 はじめからそろわず いやぁ参りました。
鯛も鱸もメバルもなく 鱈と海老になりました。
ハーブもいくつかそろいませんでした。
でもね おいしかったんです。
魚介のスープが 本当に美味しかったのです。
これが ブイヤベースとしては どうなのかわからないけど
「アミのブイヤベース」としては 完璧でした。
でも これも ふじこさんに一回薦められていたから
挑戦できたと思います。
12243.jpg

そして「クリームチーズケーキ」。
のんびり 幸せな夜をすごしました。

皆様に素敵なクリスマスが訪れますように

豆腐イタリアン

12203.jpg

お気に入りの「あつもり豆腐」でつくった
「豆腐イタリアンサラダ」です。
モツァレラチーズで作るイタリアンサラダを真似て作りました。
チーズだとちょっとカロリーが気になるので
これは いい考えだったなぁと思っています。
トマトを薄く切って 豆腐とかわりばんこに並べます。
上にルッコラをきざんで飾りました。
ポン酢でいただきます。
本当にいろんなお豆腐があって楽しいです。
前はあまり好きではなかったのですが
今は 積極的に食べてます。
最初はダイエットのためだったのですが
今は おいしくて 食べてます。
お豆腐さえあれば なんとかなると思うぐらい
頼りにしてます。
これからも よろしくってかんじですかね

せいろ

引っ越しの時にあんなに物を捨てて
「物はもう増やさない」と誓ったのに
ああ 誓ったのに・・・・
なんてね 買っちゃいました せいろ
12201.jpg

直径20㎝ぐらいです。
飲茶に出てくるようなサイズ。
これで「蒸ししゃぶしゃぶ」。
12202.jpg

キャベツを敷いて その上に水菜ともやし
その上に 豚肉と牛肉を乗せて
お鍋にセット。
5分ほど蒸すと 肉の色が変わって出来上がり。
ポン酢でいただきます。
テレビで見たのをマネしました。
もやしがしゃきしゃきして とっても美味しいのです。
今までは お皿に並べて作っていました。
でも この蒸し器を使うと 早くてとってもおいしくできました。
収納場所をどこかに確保しなくては。
でも こうやってだんだん物は増えていくんだろうなぁ・・・

物が増えちゃうみなさん
クリックよろしく!
b_04.gif

鯛とごぼう

鯛のあらだき を作りたかったのですが
買い物に行ったスーパーで あら がなかったので
ぜいたくに 鯛の身を使って煮物をつくりました。
12172.jpg

今回は ごぼうと大根は 米のとぎ汁で下ゆでしました。
鯛は 軽く塩をふって10分ほどおき、
熱湯をかけて 霜降りにしておきました。
鍋に 醤油・砂糖・酒・みりんと 出し汁を入れて沸騰させます。
ごぼう・大根を並べ 鯛を入れて落としぶたをして
15分煮ました。
ごぼう・大根に味が染みて おいしかったです。
魚料理は あまり得意ではないので
(魚をたべるのが 苦手です。)
レパートリーが少なく、
一度ふじこさんに習いに行ったりしましたが
なかなか 回数が増えません。
だんだん 好きになっていければいいなぁ
ね おさかなさん

クリックよろしく
b_04.gif

酢豚味の八宝菜

今朝(12月16日・日曜日です) 「所ジョージの目がテン」という番組で
「いちごの科学」をやっていました。
品種改良で どんどん甘くなっていってる と伝えてました。
つぶして食べないので イチゴスプーンが すたれてきたとか。
なるほど こんなスプーンあったなぁと テレビの中と外で頷きあいましたよ。

まあまあ それはそれとして。
昨夜は中華。
せっかくの休日なのに お買いものも行かず
残り物・冷蔵庫のおそうじだとばかり
集めてみたら 中華になりました。
カニ玉の素と酢豚の素があったので・・・
アミは酢豚はあまりつくらないので 
「八宝菜の素」があると思いこんでいました。
もちろん 自分で買ってきたのですが
いつ・どうして「酢豚の素」を選んだのか わかりません。
野菜がいろいろ半端に残っているので 「八宝菜」をつくろうと思ったのです。
で、 材料をきざんで 箱を見たら「酢豚の素」と書いてある
味音痴と馬鹿にしたダンナさんに
「酢豚味の八宝菜でもいい」とおそるおそる聞いてみて
(ま 聞かれても困るよね。作るのは私だし、もうそれしかないし)
野菜たっぷりの「酢豚味の八宝菜」ができました。
基本箱の裏に書いてある作り方ですが、
家庭料理ですから あとは自由自在。
12162.jpg

豚肉・キャベツ・人参・玉ねぎ・長ネギ
みんな炒めて「酢豚の素」で味付け。
すごくおいしかったです。
もうひと品は「カニ玉」。
これは 袋に書いてある通りに作りました。・・・つもり
12161.jpg

これを ご飯にのせてたべる「天津飯」が好きなのですが
ご飯食べすぎちゃうから しません。
そしてスパゲッティサラダ。
12163.jpg

冷蔵庫もすっかりきれいになり おなかいっぱいになり
酢豚でも八宝菜でも キャベツはおいしくいただけることを発見して
満足の食卓になりました

ブログランキングに参加します。
応援クリック お願いします。
b_04.gif

いちご

この冬の 「初いちご」です。
12.14-1.jpg

しかも もう「特売」。
いちごは 春の果物 と思っている人は 少なくなってきてるんじゃないですかね。
年中あるような さすがに 夏にはないかな。
20年ぐらい前は 自宅でクリスマスケーキを焼くと
飾りのいちごがなかったり やたら高かったりして
桃の缶詰を使っていました。
特に 年末のいちごは 高かったですよね。
宝石のような かわいい いちご
もったいないので そのまま食べます。
ミルクやお砂糖は かけません。
でも コンデンスミルク があれば やっぱり美味しいかな。
12月に食べられる かわいいいちご。
便利なのか 幸せなのか これでいいのか・・・
なにはともあれ おいしいことに 感謝

梅干し

我が家はこの春 引っ越しをしました。
かれこれ9か月がたち やっと落ち着いてきました。
いままでは 落ち着いてないことにも 気がつきませんでした。
落ち着いてみると 引っ越しの時に持ってきた
思いがけないものが いろいろ 出てきます。
「なぜ あれを処分して これは 持ってきたのだろう?」
と思うものが いくつも出てきます。
23年ぶりの引っ越しでしたからね。
冷静にやってるつもりでも 舞い上がっていたのでしょうね。
そしてまた 大事に持ってきたものが 思いがけないところに
しまいこんである。
この 梅干し。
平成16年夏につけたらしい。
12.13-2.jpg

すごく すっぱい。
半端じゃなく すっぱい
でも すごく なつかしいすっぱさです。
12.13-1.jpg

これで 梅干しおむすびを作ってみようと思います。
今日はワクワク
これからは しまいこんだもの発見の暮らしも 楽しめそうです・・・
ちょっと 負け惜しみ・・・

紫芋

先日 成田空港に家族を迎えに行きました。
成田空港に限らず 空港って地元の野菜 けっこう売ってますよね。
前から いわゆる「おみやげ」ではなく
地元の特産品ショップに興味津々だったアミ。
そして今回 特売の紫芋 発見
もう夜だったからなんですかね。半額ですよ 半額。
「ちょっと おくさん これ 買わない手はないわよ
心の声に誘われるまま 成田空港で紫芋5キログラム お買い上げ。
ちょっと家族が目を離したすきに さつまいも5キロが入った段ボールを
ぶらさげてあらわれる アミ。
もちろん だれも ほめてくれませんよ。
大ヒンシュクもの。
我が家は アミ以外は さつまいもが好きではないのですね。
「ええええ なにしに空港へきたの?」
「もちろん あなたの お迎えよ」
「ほんとにぃ?」
「もちろん
特売紫芋は いうなればオプションですね。
そんな 紫芋を きょうは焼きました。
12.11-2.jpg

薄切りにして 万能鍋で蒸し焼き風。
ちょっと焦げてしまいました。
黒く見えるのは こげではなく おいもの色素です。
12.11-1.jpg

割ってみると きれいな紫です。
せんべいみたいになりました。
ちょっと風邪気味なアミに ぴったりのおやつができました。
ビタミンCがたっぷりのさつまいも しかも紫芋
きっと 体にいいに違いない。
(紫芋はビタミンCが いっぱいじゃないのかな ・・知らないんだけど
 ま 信じて食べれば いいですよね

肉じゃがコロッケ

肉じゃが2日目。
思い切ってコロッケにしてみました。
12.8-2.jpg

肉じゃがに火を入れて じゃがいもをやわらかくします。
ジャガイモも人参もマッシュしました。
ちょっと水分が多かったので ご飯を加えました。
よく冷やしてから 丸めて小麦粉・卵・パン粉をつけて
揚げました。
野菜サラダのサンドイッチと組み合わせて 
休日のランチにしました。
甘いコロッケですが ソースをかけると一段と美味しかったです。
もうひとつ 休日のブランチ。
12.9-1.jpg

フレンチトースト。
フランスパンを2㎝の厚さに切ります。
卵に同量の牛乳を加え、塩・胡椒・砂糖で味付けします。
オムレツの要領です。
そこに パンをつけておきます。
玉ねぎのみじん切りと ベーコンの細切りを炒め
その上に卵につけたパンを並べ ふたをして焼きます。
しばらくしたら 裏返し のこった卵液も流しこんで焼きます。
ケチャップをかけて いただきました。
最近 フランスパンが 硬くて つらくなってきました。
歯にも 歯茎にも 唇にも 痛い
パンもせんべいも柔らかくして食べたい・・・・
いまのところ りんごが限界かなぁ・・・

てんとうむし

12.8-1.jpg

いきなり 不気味な写真で始まります。
バスに乗ってうとうとしてたら 窓に動くものが・・・
なんと ななほしてんとうむし。
どこから乗ってきたのか バス代はきっと払ってないに違いないむしさん。
アミは 虫はすごく苦手というわけでもないのですが
好きということもありません。
ただ てんとうむし は好き
うれしくなって いっしょにバスを降りました。
お別れするまえに 記念写真を撮りましたが
いやがる彼をおさえて むりやりじっとしてもらっって
道端で 自分の手を携帯カメラで撮るアミ。
あわてるので 肝心のてんとうむしは ピンボケになってしまいました。
でも ちょっとうれしい記念写真なので 載せてみました。
12.7-2.jpg

おくちなおしに かわいいりんご
「かわいい」という表現で すべての感動を表わせるようになったのは
いつ頃からでしょう。
でも ほんとうに「かわいい」ものが 世の中にあふれています。
そして かわいいものは 見ているときは 幸せなのですが
いざ 使おうとすると アミでは 使いこなせないものが いっぱい。
このりんごさんたちも カードホルダーなのですが
アミの頭が固いせいか 並べて楽しむよりほかには
使い方を 思いつきません。
でも きれいだし かわいいし 並んでいるだけでいいのかな。
きっとそうですね

肉じゃが

12.7-1.jpg

手料理の王様 「肉じゃが」
牛肉・玉ねぎ・人参・じゃがいも
牛肉を炒め、 乱切りにした野菜を加えて炒めます。
砂糖・酒を加えてさっと炒めあげます。
だし汁をひたひたに加えて 醤油も入れて
ことこと煮ます。
結構 その日によって 出来が違います。
簡単そうで そうでもないところが 手料理の王様の所以でしょうか。
それぞれの材料の様子によっても 
その日の体調によっても 微妙に違う気がしますね。
ちょっと濃い目が おいしく感じる日もあるし
薄味がとっても美味しい日もあるし。
作り手の体調や 機嫌もかなり影響すると思います。
家庭料理は だいたいそうなんだけどね。
機嫌がいい時の料理って おいしいものができる。
でも 機嫌が悪いと なんか 変なものが できる。
上手・下手というのではなく なんか変なものができます。
ま それは いいとして
肉じゃがって ぜったい 牛肉で作るものと思っていましたが
関東では 豚肉でつくっても 肉じゃがっていうから
初めてそれを聞いた時は 驚きました。
「今日は 肉じゃがつくろう!」って決めたら
まずは 牛肉を買いに行くところから始めますからね。
家庭料理って ほんと 一軒一軒違っていて
別に正解なんてなくて
それが とっても楽しいと思います。
今回の肉じゃが 嬉しい日に作ったので
とってもおいしくできました
仕上げのみりんも忘れずに入れましたよ。

梅しそ巻き

おすしではありません。
鶏肉と豚肉の梅しそ巻きです。
夏につくることが多いのですが(しそがおいしいから)
食べたくなって 作りました。
ささみ が大好きなので・・・
12.5-2.jpg

ささみ をうすくひらいて しそをのせ
梅干しをほぐしてのせ くるっと巻きます。
豚肉も同じ。
薄切りの豚肉を2~3枚並べ しそ・梅干しをのせて
くるっと巻きます。
片栗粉をまぶして フライパンで焼きます。
焼き色がついたら 酒・みりんを入れて蒸し焼きに。
火が通ったら 醤油をいれてサッと炒めて味をからめます。
アミは「しそ」と言いますが 関東では「大葉」っていうのね。
「いとこんにゃく」は「しらたき」だし
油揚げの形は違うし
ネギは白いし
「関東炊き」は「おでん」だし
いろいろ違っておもしろいです
アミは関西好きですが。
風邪に負けない「生姜ごはん」と組み合わせました。
12.5-3.jpg

次の日のお弁当まで 楽しみな献立になりました。

なまりぶし

楽しい週末を過ごして さぁ また働こう
などと 素直に思うはずもなく
金曜日の仕事の懸案事項を解消すべく
重い気持ちで出勤。
でもでも リフレッシュが効いたのか
問題は3秒で解決
どうして 金曜日の夜にはこれに気がつかなかったのだろう
気がつかないのが不思議なくらいの 簡単な間違い
人生なんて そんなものよね(でました 大袈裟
探し物は 諦めたころにでてくることもよくある話
という井上陽水さんの歌は アミのいつも心のよりどころです。
アミは 年中探し物をしていますから。
ちゃんともとの場所に戻せばいいんだよと家族はいいますが
「元の場所」がしょっちゅう変わるので・・・・
子どもたちが まだしゃべりはじめたころ
「パパ」や「ママ」や「イヤ」などに混じって「あった!」という言葉を
じつに上手に連発するのに気づいたときは
「まずい」と思いましたが 今に至っているわけですね。
さて 夕食は 久し振りにみつけた なまりぶし
仕事帰りに寄ったスーパーで特売。
嬉しくて大喜びで買いましたよ。
生姜で煮つけました。
12.4-5.jpg

ご飯のすすむおかずです。
まずいなぁ・・・食べ過ぎてしまう・・・
ごはんは 塩こぶをかけた サフランライス。
12.4-4.jpg

週末お留守番だったダンナさんのためにカレーを作ったのですが
その時つくったサフランライス。
もちろん ダンナさんは
「白いご飯のほうがよかったなぁ」とつぶやいてました・・・
そして 豚汁。12.4-3.jpg

味噌が手作りなので(すごいでしょ)発酵がすすんで
醤油のようになってきています。
なので具材もみんなまっくろ。
でもそんなに辛くないんですよ。
豚肉・大根・人参・ねぎ・かまぼこ。
あったまって おいしかったです。
いやぁ 自分でつくって自分でおいしいと思っているのが
アミの幸せですね

同窓会の忘年会

高校時代の同期会の忘年会に参加しました。
六本木・ミッドタウンにある中華料理のお店です。
あ 料理の写真は ありません。
食べちゃったからね。
それで クリスマスイルミネーションを 撮ってみました。
12.3-1.jpg

きれいですね
アミは 自意識過剰なところがあって
長い間 同窓会には行きませんでした。
でも ちょっとしたきっかけで 5年ぐらい前に
初めて参加しました。
かなりの勇気が必要でした。
そのころ(ちょうどピアノを再開した時期です)
コンプレックスの塊だった自分に疲れてきていたのかな と思います。
「私は私で いいじゃん」って。
元気で出席できることを感謝して
また 参加したいと思います。
素敵なクリスマスが すべての人に訪れますように

ピアノ教室クリスマス会

昨夜 ピアノ教室の大人クラスのクリスマス会がありました。
アミの一番の趣味は ピアノです。
毎年12月の第一週の土曜日の夜、クリスマス会があります。
この教室に入って5回目のクリスマス会になります。
12.1-1.jpg

子供の時も習っていたのですが 娘たちが習い始めたのを機に30歳の時に再開。
40歳でまた中断。
40代ももうすぐ終わりというとき なにか一生の趣味になるものは・・・
と考えていた時 「私にはピアノがある」と思ったのです。
あまりうまくなれないし いまさらピアノ弾いてもなぁとも思っていました。
でも 私なりのピアノで楽しめばいいんだと思えたら
ピアノを弾くことが本当に楽しくなりました
お教室にも先生にも恵まれ、年に一度顔を合わす仲間にも恵まれ
本当に楽しく続いています。
たとえ仲間だけのパーティーでも やはり人前で演奏するとなると
緊張します。 お互いに励ましあいながら 演奏を終え
先生方が準備してくださったお料理やワインをいただく充実の時。
今年は 「マイウエイ」を歌った方がいらしたのですが
なんかものすごく感動して 泣いてしまいました。
ひとりひとりにそれぞれ味があって 人柄が出ます。
アミはどんな人柄がでているのかなぁ。
付け焼刃ではない 本当の人柄が出るので 音楽は楽しいですね。
先生方も演奏して下さって アミが聴きたいと思っていた
「サウンド オブ ミュージック」の中の「すべての山に登れ」を
素晴らしいデュエットで聞かせていただき また感動の涙
3月にお教室全体の発表会があるので
そこでの再会を楽しみに パーティーは終わりました。
さ 今日からまた 練習 がんばろう


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。