background movie
HOME プロフィール

チェルシー・アミ

Author:チェルシー・アミ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事 最近のコメント 最近のトラックバック
月別アーカイブ カテゴリー

焼きたてくっきぃ

おばちゃん 本音でぼやきます。
2008年01月の記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味噌汁復活

手作りみそがやっとなくなり
ひさしぶりに お味噌を買いました。
3年ぶりかも・・・
手作りもおいしいけど
売ってるお味噌は やっぱりおいしいなぁ
01311.jpg

しかもしかも 具材も買ってしまった
01313.jpg

ほんとうに 「簡単・便利」。
おかずが何でも 味噌汁がつくとうれしいです。
おかずはいつもの「お好み焼き」。
本日の工夫は 「キムチ入り」。
01312.jpg

ダンナはキムチが好きなのですが アミは食べません。
ダンナは 買ってきたばかりのときは よく食べますが
少なくなってくると 食べません。
いままで 「キムチ完食」っていうことはなかなかありませんでした。
で 今回お好み焼きの具にキムチも入れました。
そのかわり アミの大好きな紅ショウガをはぶきました。
ちょっと「チヂミ」みたいかな。
キャベツもたくさん食べたし キムチもきれいに食べられたし
本日も 大満足。
ソースでもポン酢でも おいしくいただけました。

スポンサーサイト

肉じゃが

土鍋で肉じゃが
鍋料理だけでなく 土鍋をつかって料理するレシピが増えています。
「すごくおいしい」というので しばらく土鍋でご飯を炊いていたことがあります。
申し訳ないけど(誰にって感じだけど・・)あまりよく違いは
わかりませんでした。 たしかにちょっとおこげができて うれしかったけど
電気炊飯器で充分おいしいなぁという結論となり
アミは これはやめてしまいました。
ちなみに「電気炊飯器でいろいろ料理する」という本も買いました。
これも1~2個つくってみて やめました。
しかーーーし 土鍋で煮ものをすると 本当にうまくいきます。
シチューもうまくいきます。
肉じゃがは 調味しただし汁を沸騰させて そのなかにジャガイモ・玉ねぎ・
人参を入れ ふたをして沸騰させました。
そこへ 牛肉をいれて再度沸騰させ そのまま火を止めます。
半日置いて 夜食べる前にもういちど沸騰させ
煮立ったら ふたを開けてすこし煮詰めました。
01273.jpg

ジャガイモは煮崩れることなく でも玉ねぎはとろとろで
どちらも味はしっかりしみていて おいしかったです。
アミは 牛肉でつくる肉じゃがだけを 「肉じゃが」といいます。

さて 付け合わせは「キャベツの油揚げ詰め」。
油揚げを半分に切り 袋をひらいて
千切りのキャベツをつめます。
爪楊枝で口をとじて フライパンで両面やきます。
焼き色がついたら 醤油をたらして できあがり。
01272.jpg

半分に切ったところです。
01271.jpg

おつまみにぴったり・・・だと思います

富士山

寒いですね
風が強くて 空気がきれいで
冬は 遠くに富士山がよくみえます。
01252.jpg

わかるひとには わかるかも・・・・
遠くに 富士山・・・・
アミは 関東にきてもうかれこれ30年になりますが
やっぱり富士山は特別。
こっちの人は エリカ様みたいに
「富士山なんて べつに・・」
なんて言ってくれちゃう。
アミ「なんでぇ 富士山だよぉ 見えたらうれしいじゃん
友達A「そおぉ?」
アミ「うれしいよぉ
友達A「へえぇ」
みたいな会話 ときどきいろんな友達と交わしてる気がします。
いまだに新幹線で大阪に行く時も
富士山だけは かならずチェックして
見えたらとってもうれしい。
ま 見るだけね。
登ることは ありませんね(きっぱり

塩サバ

01201.jpg

新聞にのっていた「塩サバの酒蒸し」をつくりました。
うまれてはじめて(出ましたおおげさ)塩サバを買いました。
生のサバと〆サバは食べたことがありますが
塩サバは はじめて。
塩サバをフライパンで焼いて 酒をいれて蒸し焼きにするものです。
ねぎと生姜もいっしょに蒸し焼き。
簡単でおいしかったです。
このブログを始めるまでは 新聞のレシピをみても
「いつか やってみよう」と思って切り抜いたりはしても
実際つくることは ほとんどありませんでした。
作ったことのない料理の切り抜きが いっぱいあります。
そして 毎日献立は同じようなものになっていました。
最近は 「まず作ってみよう」
ブログのネタになるしなぁ という下心でいっぱいです。
そも それが いろんな挑戦になったり 出会いになったりするので
ブログはじめてよかったなぁ と自己満足しています。
塩サバ これから 我が家では たびたび登場しそうですよ
おいしくて 保存がきいて 料理しやすくて
あ みなさん もうとっくにご存じでしたか

巻物

巻物メニューです。
「アスパラガスの牛肉巻き」。
01203.jpg

さっとゆでたアスパラガスを 牛肉で巻きました。
アスパラガスがたくさんあり 牛肉は 少しだったので
アスパラガスがたっぷり入った巻物ができました。
炒めて 酒・みりん・醤油で味付けしました。
アスパラガスがしゃきしゃきして おいしかったです
サラダは「里芋のポテトサラダ」。
01204.jpg

秋に里芋サラダをつくりました。
それを思い出して 本格的ポテトサラダ(具が多いという意味です)。
里芋は 前日鍋で煮てあったものをつかいました。
里芋をレンジで少しあたため、つぶします。
ハム・玉ねぎのマリネを加え ドレッシングであえます。
水菜・トマトと盛り合わせました。
つるっというかもちっというか
なんともいえない食感がととても楽しいサラダです。
巻物は大好きなので いろいろなバリエーションを楽しもうと思っています
お寿司のなかでは のり巻きが一番好き。
しかも「関西ののり巻き」。
かんぴょう巻きでも 太巻きでもない
「大阪ののり巻き」。
いつか ご紹介したいです。

干しいも

寒くなったので 鍋は 大活躍
01192.jpg

今回は 小松菜とおもちが主役。
レシピは「小松菜と揚げもちの鍋」
油揚げと小松菜と揚げもちのシンプルな鍋。
この「揚げもち」というのに 心惹かれて・・・
でも 揚げものは 夫婦でいまいち・・・
メタボなもんでねぇ
じゃ なんで 心惹かれるんだ
好きだけど しょうがないじゃん・・・
ということで キノコ鍋の残った材料に
小松菜とおもちをいれて 豪華鍋
今日は里芋も入れました。
里芋 おいしかったなぁ・
さてさて
紫芋 たくさん残ってました。
で クックパッドを参考に「干しいも」に変身。
01191.jpg

蒸して2日干しました。
切り方が悪かったのか 紫芋のせいなのか
期待のねっとり感は いまいちです。
でも さくっとしていて 味はおいしい
しばらく おやつはこの「干しいも」です。
楽しいなぁ

キノコ鍋

冬は鍋とシチューの繰り返しになります。
せめて せめて 鍋のバリエーションをふやしたい
などと 真剣に思うはずもありませんが
最近のすぐれものは スーパーの折り込みちらし。
「特売品」を使ったいろんなメニューが載っていて
これがまた 簡単でおいしそう。
今回はその中から「キノコ鍋」。
つくってしまえば いつもの鍋の「ちょっとキノコが多いめ」。
01181.jpg

レシピでは えのきだけ・エリンギ・里芋・ねぎ・鶏もも肉・生なめこ。
里芋は下ゆでし、鶏・里芋・ネギはさっと炒めてから
味付けしただし汁で煮る となっています。
アミは えのきだけ・しめじ・しいたけ・鶏もも肉・水菜・もやし・豆腐。
だし汁を沸騰させてから 鶏をいれ
煮立ったら 野菜・きのこ・豆腐をいれて
煮えたら出来上がり。
ポン酢・ゆず胡椒でいただきました。
里芋の下ごしらえが 今回気が乗らなかったので やめ。
ネギは 忘れてしまいました。
鍋にもやしは絶対はずせないし。
でも 「キノコ鍋」
アミにとっては ちょっとした挑戦でしたよ

カレーライス

01151.jpg

大好きなカレーライス
実は長い間アレルギー反応がでて 食べられませんでした。
アミは けっこうアレルギーがあって
食べられないものがいっぱいあります。
しかも 好きなものに アレルギーが出てしまうので
やっかいです。
カレーライスのなにに反応するのかわかりません。
でも 最近 また 大丈夫になってきたのです
年のせいかしらね。
反応がにぶくなったとか・・・
どんなカレーでも大丈夫かどうかは まだ自信ありません。
でも 食べることのできるカレーがあることが
とってもうれしいです。
牛肉を赤ワインで煮込んだものに
カレールーを入れました。
ちょっと 大人カレーです
何でも食べられる人って ほんとうに幸せですよね

祝・成人の日

今日は「成人の日」でした。
街に晴れ着のお嬢さんがいっぱいで
とってもはなやいでいました。
「成人式」の意味も だんだん曖昧になってきているのかもしれませんが
でも 本人や家族にとって
大事な意味があれば それで十分かなと思います。

今日はお友達と映画に行きました。
「茶々」。
宝塚歌劇出身の和央ようかさん主演の映画です。
お友達が 和央さんの大ファンで 誘ってくれました。
とっても豪華で 脇の方たちも素敵で
楽しめました。
よく知らないまま行ったのですが
原作が 井上靖さんと知ってまた感激。
アミは 井上靖さんの大ファンです。
学生時代に全集を読み漁りました。
今年は 久し振りにまた 井上靖さんの小説を
読み返してみようかなと 思いました。

そして今夜は やきそば
01141.jpg

スーパーで「広島風やきそば」を見つけて
それで作ってみました。
麺が少し太めで おたふくソースがついていました。
豚肉・キャベツ・人参・もやし・下仁田ネギ・玉子。
晩御飯に焼きそばとか お好み焼きというのは
アミの「お助けメニュー」です。
簡単で野菜たっぷり。
今日は これにお刺身とおむすびがつきました。
メインは お刺身ではなくて 焼きそば です。
焼きそばは 立派なおかずです

胡麻和え

ホウレンソウの一番好きな食べ方は「胡麻和え」。
以前は 大きなすり鉢とすりこぎを持っていました。
でも お引越しの時 処分してしまいました。
今は コンパクトなすり鉢・すりこぎを使っています。
なので すり鉢の中であえることができません。
ゆでて切ったホウレンソウの上に ドレッシングのようにゴマ醤油をかけました。
01112.jpg

「均一」より「まだら」が好きなアミは 
この胡麻和え とってもおいしかったです。
そして 「夜のプレート」
01111.jpg

メインは「鰤の照り焼き」
2時間ほど醤油・酒・みりんをあわせたものにつけこんでおきました。
フライパンで焼きました。
大好きなポテトサラダ・自慢の玉子焼き・ホウレンソウの胡麻和え
ご飯がすすみました。
来週からダイエットの予定です

和風スープ

和風スープ 
お正月の残り物野菜を 煮込みました。
大根・白菜・ネギがメインで 豚肉とかまぼこを入れました。
鍋ものとお雑煮の一緒になったものってかんじ。
かつおだし・塩・酒・みりんで味付けしただし汁に
野菜・肉を入れて煮込むだけ。
ちょっと薄味だったので 野菜はポン酢でいただいて
スープにご飯を入れて卵雑炊。
写真は 2日めのお昼。
そばを入れて いただきました。
01091.jpg

里芋・人参も入ってます。
里芋がとてもおいしかったです。
やっぱり薄味なので めんつゆを足しました。
サラダは 鶏丸ごとをほぐしておいたもので 作りました。
塩が強かったので サラダにすると丁度よかったです。
年末に買い込んだ野菜がこれですっかりなくなりました。
体もあたたまり おなかにもやさしくて 大満足

下仁田ねぎのスープ

01081.jpg

年末年始の暴飲暴食が祟ってくる時期になりました。
七草粥の伝統をまもった方も多いかと思います。
昔の人の知恵って ほんとうにすごいです。
経験は なによりの力ですね。
我が家のお疲れメニュー第一弾
「下仁田ネギのスープ」
クックパッドを参考にしながら また適当に作りました。
ネギとジャガイモを小さく切って コンソメで煮込みます。
柔らかくなったら ミキサーにかけて
塩・胡椒で味をととのえます。
牛乳を加え パセリを散らしてできあがり
ポタージュスープは大好きなので いろいろな素材で作りますが
ネギは はじめて
玉ねぎとは やっぱり かなり違います。
下仁田ネギだから の味なのかどうかも よくわかりませんが
ピリッとしたおいしさで 家族に好評でした。
そして すごいのは 体が本当に温まること。
食べてしばらくしてから 汗が出てきます。
1時間ぐらい なんだか ほかほかしています。
これは 冬にありがたい食材です
しかし これもまた しばらく試行錯誤の食材です。
知ってるようで 知らないこといっぱいあるなぁと 改めて思いますね。
ネギは 大好きだけれど
こんなにすごい素材だったとは

あこがれの「鶏まるごと」

タイトルだけ いってしまいました。
今日から「平常通り」だな と思っていたら
パソコンにも 平常通り遊ばれてしまいました
昨日も 「我が家のパソコンを壊すのは誰か」という話になり
もちろん アミということになりました。
ええええぇ そうかしら
でも まあ そうかも・・・
アミは クリックとダブルクリックの区別がついていません。
右クリックもほとんどしたことがありません。
それでも なんとか言うことをきいてくれてるパソコンさん。
ほんとうにありがとう
ということで パソコンに感謝しつつ 今年もぼちぼちやっていこうと思います。

あこがれの「鶏まるごと」。
01052.jpg

鶏まるごとを塩でつつんで焼くものです。
ずっと前 本で読んだことがあったのですが
作り方が どうしてもわかりませんでした。
それが クリスマスの料理としてテレビで紹介されたのです。
偶然みていた番組でやっていて
すごくうれしかったな。
朝の日テレ「ラジカル」月曜日 ハードゲイさんがやってる料理コーナーです。
このコーナー 簡単で楽しそうな料理が紹介されるので
気に入っています。
材料 鶏まるごと・塩1キログラム・卵白1個ぶん
① ボウルに塩を加え ねっとりするまで混ぜる。
② チキン全体に胡椒をまぶす。
③ アルミを敷いた鍋に塩を敷き、セージを2~3枚並べる。
  チキンをのせる。
  セージを2~3枚のせる。
④ 残りの塩をのせ アルミホイルでつつむ。
  弱火で1時間半煮込む。

だいたい覚えてるつもりで つくったら
いろいろ飛ばしていて ちょっと失敗。
でも おいしかったです。
何回か挑戦して 自分のものにしたいです。
ずっと あこがれて レシピを探していましたから。

年の初めにいろいろな人に会って 気持ちがざわざわしましたが
平常にもどって 今年も「私らしい」1年を過ごしたいです。

あこがれの鶏まるごと

あけましておめでとうございます

平成20年ですね。
平成生まれの人たちが 20歳になるんですよ。
おおおおおっ って感じです。
そんなお正月 アミは実家の大阪で迎えました。
母の作ってくれたおせちをいただきました。
お雑煮も母が作ってくれました
01051.jpg

かつおだしの澄まし汁に 大根・人参・里芋が入っています。
おもちは 丸もちを焼いて入れます。
子供のころ おもちを上手に焼くのがとっても大切な仕事と思っていました。
火ばちにもちあみをおいて 焼くのですが
なかなか むずかしい。
子供は ただ 見張るだけで 
「あ 焼けたみたい」と忙しい母にお知らせするのが
とっても誇らしかったように 思います。
石油ストーブの上だったり ガスストーブの上だったり
おもちを焼く場所は いろいろ変わりました。
今はね オーブントースター。
すぐれものですね。とっても上手に焼けます。
今年のおもちは 母の知り合いのかたが自宅でついたもの。
なんと もち米も自前という ぜいたくなおもちを いただきました。
とっても おいしかったです。

今年もいいことがたくさんありますように
どうぞ よろしく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。